--年--月--日 (--:--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011年10月04日 (07:07)

製作風景、撮って来ました。( ´ω`)b

いつも作っている風景をパシャパシャとってみました。

自分撮りなので直に作っている手元を写しているわけじゃないですが
なんとなく雰囲気を味わってもらえれば光栄です。(´¬`)詳しくは続きへ。


この板の上で作っています。茶色の粘土はライトブラウンの粘土ですね。



陶芸には欠かせない、DVDプレーヤーと量りです。プレーヤーは電池が膨らんじゃったのでお陀仏寸前。
危険ですよね Σ(゚Д゚;≡;゚д゚)壊れるまで使うよ!!



粘土箱。粘土を伸ばしたりする棒もあります。



粘土ですね。左が半磁器(はんじき)。右が黒泥(こくでい)。



デビルチを製作します!!というわけで胴体は25グラム。



まずは丸くします。



ミニ麺棒で中を空洞にします。灰色のデビルチは前日に作ったものですね。
乾燥するとこんな色になります。焼きあがると綺麗な黒ですよ。



セーム皮にて表面のざらざらを無くします。



足と頭の角をえっちらおっちら作ります。表面にヒビが入ったらまたセーム皮で綺麗に。



次に翼と手をつけます。おおまかに粘土をもってきたら。



丸めて平らに成形。



カッターを使い、翼を切り取ります。手はこねります。



水をたくさん含んだ粘土’どべ’を接着剤代わりに使用します。



背中には穴をあけてそこにどべを入れます。沢山ついたり、はみでたら竹串やセーム皮で綺麗にします。



大体形になりましたね。大きさがちょっと違うのは乾燥したからですね。右のも同じ25グラムですよ。



カッターで口をあけます。



半磁器の粘土を取り出します。



伸ばして。



先ほど開けた口にいれます。あ、これやりなおした後ですね。ちょっと粘土が多めです。
目は竹串でポチっとあけます。



この日作った作品ズ。基本的に同じ要領で作ります。ポーズなどは記憶とセンス!!



残っていたライトブラウンでドロップスも作りました。ここまでが9月30日ですね。



ここから10月3日に作った作品。ずらーっとデビルチ胴体。



六体一気に製作しました。ちょっと黒泥がゆるかったのでちょうどよかったです。
左右のデビルチがもっているのは鎌です。ちょっと遊び心を出してみました。
でもよく考えたらデビルチはフォークですよね。まぁ、取り外せるのでよしとしましょう。
真ん中のまるっこいのは猫です。余った粘土で作りました。



鎌持ちアップ。鎌の柄にヒビが入っているようにみえますがこれは一応模様です。
でも折れ易そうですよね。フォーク持ちのデビルチも作りたいと思います。
スポンサーサイト
カテゴリ : 陶芸記事のURL
下部フリーエリア
下部フリーエリア。標準でセンタリングしてあります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。